トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

ドラゴンズ沖縄合同自主トレがスタート 

 プロ野球中日の沖縄合同自主トレーニングが27日、沖縄県の北谷、読谷両球場で始まった。2月1日からの春季キャンプに向け、一部のベテランや外国人を除く64選手が一斉に始動した。

 練習が始まった午前10時の那覇の気温は14・7度。1軍キャンプ地の北谷球場では、時折冷たい風が吹く中、選手31人がランニングやキャッチボールで体をほぐした。

 田島慎二投手や柳裕也投手らが早速ブルペン入り。田島投手は新加入の大野奨太捕手を相手に投げ、「今までやってきたことができている。キャンプをいい形で迎えられそう」と好感触をつかんだ。2年目の柳投手は51球を投じ、「去年はけがが多かったので気を緩めないように」と表情を引き締めた。合同自主トレは30日まで。

(中日新聞)

合同自主トレが始まり、ダッシュを繰り返す京田(手前右)、小笠原ら中日ドラゴンズの選手たち=沖縄県北谷町の北谷球場で

合同自主トレが始まり、ダッシュを繰り返す京田(手前右)、小笠原ら中日ドラゴンズの選手たち=沖縄県北谷町の北谷球場で

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索