トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

四大陸フィギュア、宇野は2位 金博洋が逆転V

 【台北共同】欧州以外の国・地域が参加するフィギュアスケートの四大陸選手権最終日は27日、台北で行われ、平昌冬季五輪代表で男子ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨(トヨタ自動車)はフリー2位の197・45点にとどまり、合計297・94点で2位だった。SP2位の金博洋(中国)が300・95点で逆転優勝した。

 五輪代表でSP3位の田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)は260・31点で4位に順位を落とした。無良崇人(洋菓子のヒロタ)は225・41点で12位だった。

 男子フリー 演技する宇野昌磨=台北(共同)

 男子フリー 演技する宇野昌磨=台北(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索