トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

栃ノ心、1敗守り初優勝 4番目の遅さ、鶴竜4敗

 大相撲初場所14日目(27日・両国国技館)単独首位の栃ノ心が松鳳山との平幕対決を寄り切りで制して1敗を守り、千秋楽を待たずに初優勝を決めた。ジョージア出身では初の制覇で欧州勢3人目。2012年夏場所の旭天鵬以来6年ぶりの平幕優勝で、新入幕から58場所での初制覇は貴闘力と並び4番目の遅さ。

 横綱鶴竜は大関高安に押し出されて4連敗で10勝4敗。高安は11勝目を挙げた。大関豪栄道は関脇御嶽海を寄り切って勝ち越した。

 十両は英乃海が4敗で単独トップ。

(共同)

 大相撲初場所14日目、栃ノ心関(奥)が松鳳山関を寄り切りで破り初優勝を決めた=27日、東京・両国国技館

 大相撲初場所14日目、栃ノ心関(奥)が松鳳山関を寄り切りで破り初優勝を決めた=27日、東京・両国国技館

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索