トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

ジャンプ、高梨が今季初の2位 W杯女子札幌大会・最終日

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会最終日は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第6戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、平昌冬季五輪代表の高梨沙羅は90メートル、93メートルの合計231・4点で今季初めて2位に入った。ジャンプの男女を通じて歴代単独最多となる通算54勝目は次戦以降に持ち越しとなった。

 伊藤有希は87メートル、90メートルの218・5点で5位。マーレン・ルンビ(ノルウェー)が95・5メートル、2回目に最長不倒の98・5メートルを飛び、251・6点で3連勝し、今季4勝目、通算8勝目を挙げた。

(共同)

 2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森

 2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索