トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

センター試験、不正4人 トイレ使えず繰り下げも

 大学入試センター試験は14日、全国の会場で理科と数学を実施し全日程を終えた。センターは、4都府県の会場で不正行為があったとして男女4人の受験全科目を無効にした。山口の会場ではトイレが故障で一時使えなくなり、試験を1時間繰り下げたほか、雪などによる交通機関の乱れで一部受験生に繰り下げ措置が取られた。

 愛媛の会場では試験時間が本来より2分程度短かったため、93人が数学の再試験対象となった。13日の英語リスニング試験中、大阪の会場で監督者の指示誤りがあったことも判明。43人が再試験の対象となり、13日公表分も含めて再試験の対象者は計141人となった。

(共同)

 大学入試センター試験の会場に向かう受験生たち=14日午前、長野市

 大学入試センター試験の会場に向かう受験生たち=14日午前、長野市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索