トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

豊田の乳児重体、殺人未遂容疑で母親逮捕 

 愛知県警豊田署は12日、生後11カ月の次男を床に投げ落としたとして、殺人未遂の疑いで同県豊田市京町2、母親で派遣社員の松下園里(えり)容疑者(29)を逮捕した。次男は病院に搬送されたが、意識不明の重体になっている。

 逮捕容疑では、11日午後7時ごろ、自宅マンションの一室で次男を床に複数回投げ落とし、頭蓋骨骨折のけがを負わせたとされる。松下容疑者は「次男が泣きやまずイライラした。事実は間違いないが、殺すつもりはなかった」などと供述している。

 松下容疑者は会社員の夫と、次男を含む三つ子の5人暮らし。夫は犯行時に家にいたが、入浴中で気付かず、その後夜勤のため職場に向かった。夫の出勤後、松下容疑者が「子どもが動かなくなった」と自分で119番した。次男の搬送先の病院の医師が松下容疑者に事情を聴き、けがの程度から虐待の恐れがあるとみて署に通報した。次男には他に目立った傷がなく、署は日常的な虐待はなかったとみている。他の2児にも虐待を疑うような外傷はないという。

 愛知県豊田加茂児童・障害者相談センターの担当者は「事件までは虐待に関する相談や情報提供はなかった」としている。豊田市によると、松下容疑者は昨年、赤ちゃんに与えるミルクの量や育休からの職場復帰について市に相談していた。市地域保健課では「一生懸命育児をしている印象だった」と話している。現場は愛知環状鉄道梅坪駅から北東へ約1キロの住宅街。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索