トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東海テレビ「韓流」発信 CSと連携

 東海テレビ(名古屋市)は、韓流エンターテインメント事業に進出するため、東京に本社を置く韓国系CS放送局「Mnet(エムネット)」との連携を始めた。将来性ある韓国人アーティストのコンサートを開催するほか、共同番組の制作も検討する。在名放送局が「韓流」を本格的に手掛けるのは初めて。

 エムネットは、韓国でCS放送や動画配信などを手掛ける現地の大手企業「CJ E&M」の日本法人が運営する。2006年から日本のCS番組で、K−POPの歌番組やドラマ、バラエティーなど、韓国のエンターテインメントを専門に放送している。

 東海テレビがエムネットに連携を打診。エムネットも、日本の地上波放送での市場開拓を狙っていたため、これに応じた。

 東海テレビは連携第一弾として昨年12月、東京と名古屋でコンサートを開催。12人組グループ「Apeace(エーピース)」らが出演した。韓国の芸能事務所と関係を築くエムネット側が、出演者選びに協力した。

 18年にも3回、開催する予定で、売り出し中のアーティストの出演を計画する。東海テレビ関係者は「自社番組でもコンサートを紹介するなどし、名古屋から人気に火を付けたい」と語る。

 共同でどんな番組を作るかは「具体的には白紙」(関係者)だが、歌番組やドラマ、バラエティーが検討されることになりそうだ。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索