トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

硫化水素の測定、清掃前に行わず 刈谷で作業員死亡

 29日午後3時55分ごろ、愛知県刈谷市東境町で下水道の清掃作業をしていた作業員から「同僚が倒れた」と119番があった。消防隊がマンホール内に倒れていた男性を救出したが、死亡が確認された。マンホール内から硫化水素が検出された。

 亡くなったのは同市の清掃会社「サンエイ」の作業員稲吉厚さん(41)=同県豊明市新栄町。

 刈谷署などによると、稲吉さんは清掃作業の準備のため1人で深さ2・4メートルの下水道内に入り、写真撮影などをしていて、急に倒れた。

 市によると、マンホール内を測定したところ、人体への許容濃度(10ppm)の約1000倍の硫化水素が検出された。市が当時、現場にいた同僚の作業員2人と市職員に聞き取ったところ、ガス検知器は作業車内にあり、稲吉さんは検知器を持たずにマンホールに入ったことが分かった。市は30日、マンホールでの作業前に義務づけられている硫化水素の濃度測定が行われていなかったとみられると発表した。

 刈谷署は同日、稲吉さんの死因は硫化水素中毒とみられると発表した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索