トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

日本刀など2700万円相当盗難 愛知・高浜の住宅

 28日午後7時45分ごろ、愛知県高浜市の建築会社役員の男性(71)宅で、日本刀や青銅製の観音像など計13点(2740万円相当)の美術品がなくなっているのに男性が気づき、交番に届け出た。碧南署が窃盗や住居侵入の疑いで調べている。

 署によると、盗まれたのは刃渡り66センチの日本刀などで、鍵の壊れた金庫に入れてあったり、床の間に飾っていたりした。男性が掃除のため部屋に入り、なくなっているのに気づいた。玄関は施錠していなかった。

 男性によると、日本刀のうちの1本は鎌倉時代末期に越中(現在の富山県)の刀工が作ったと伝わる美術品(500万円相当)で、男性の亡くなった父親が収集した。11月4日に部屋を確認した際には異常はなかったという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索