トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

巡査長を酒気帯び容疑で逮捕 滋賀県警

 滋賀県警は29日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、彦根署警備課巡査長の西村仁志容疑者(32)=同県愛荘町安孫子=を逮捕した。

 逮捕容疑では、28日午後9時半ごろ、同県多賀町敏満寺の県道交差点で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転したとされる。

 県警によると、午後5時に勤務を終えた後、友人4人と彦根市内で飲酒。車で自宅へ帰ろうとした際、現場の交差点内で車を止め、ハンドルに突っ伏して居眠りした。

 不審に思った通行人の女性が110番し、彦根署員が車の窓をノックしたところ、西村容疑者は急発進させて逃走。29日午前零時ごろ自宅にいるところを見つかり、呼気検査で基準値を超えていたことが分かった。

 西村容疑者は「生ビール4〜5杯と日本酒2合程度を飲んだ。早く帰って寝たくて、安易に車に乗ってしまった」と容疑を認めている。県警は今後処分を検討する。滝口一也首席監察官は「職務倫理教養を徹底して再発防止に努める」とのコメントを発表した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索