トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

主翼の下敷きで整備士が死亡 JAC受託機傾き、鹿児島空港

 29日午後0時50分ごろ、鹿児島県霧島市の鹿児島空港で、地上でけん引されていた海上保安庁の航空機が傾き、日本エアコミューター(JAC)の30代の男性整備士が左主翼と地面に挟まれて下敷きになった。JACなどによると、男性はドクターヘリで病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。

 傾いた海保機はJACが整備を受託し、約10人で格納庫への移動作業をしていた。県警霧島署は、左主翼の車輪が何らかの原因で機体に格納されたことで、機体が傾いたとみて調べている。

 第10管区海上保安本部によると、航空機は全長約20メートル、幅約22メートルのプロペラ機サーブ340。

(共同)

 けん引中に傾き、男性整備士が主翼の下敷きになった海上保安庁のプロペラ機サーブ340(第10管区海上保安本部提供)

 けん引中に傾き、男性整備士が主翼の下敷きになった海上保安庁のプロペラ機サーブ340(第10管区海上保安本部提供)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索