トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

北朝鮮船長、窃盗罪で起訴 被害39点、北海道の無人島

 北海道松前町の無人島、松前小島で発電機を盗んだとして北朝鮮の木造船の乗員3人が逮捕された事件で、函館地検は28日、窃盗罪でうち船長の自称北朝鮮国籍、カン・ミョンハク容疑者(45)を起訴した。発電機や家電など計39点、約564万円相当を盗んだとしている。

 木造船に乗っていたのはカン被告を含む男性10人。ともに逮捕された2人と、27日に窃盗容疑で書類送検された6人はいずれも起訴猶予処分とした。従属的な立場にあり、被告の指示で関与したとみられる点を考慮したという。カン被告以外の9人は札幌市の入国管理施設に収容されており、近く強制退去となる見通し。

(共同)

 カン・ミョンハク被告=9日、北海道函館市

 カン・ミョンハク被告=9日、北海道函館市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索