トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

のぞみ床下点検の要請、聞き逃し 現場と指令の認識にずれ

 新幹線のぞみの異常を認識しながら運転を約3時間続け台車に亀裂が見つかった問題で、岡山駅から乗車した車両保守担当社員が新大阪駅での床下点検を要請したが、東京の指令員が聞き逃していたことが27日、分かった。JR西日本が記者会見で明らかにした。

 指令員は同社の聞き取り調査に対し「隣に座る指令長からの問い合わせが重なり(要請は)聞こえていない」と証言。現場と指令員の間で情報伝達がうまくいかず、異常の認識に食い違いが生じていたことが判明した。

 同社はこれまで「危険を感じさせる連続的な異常音や異臭ではなく、走行に支障がないと判断した」としていた。

(共同)

 新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題を巡り、記者会見で謝罪するJR西日本の来島達夫社長=27日午後、大阪市

 新幹線のぞみの台車に亀裂が見つかった問題を巡り、記者会見で謝罪するJR西日本の来島達夫社長=27日午後、大阪市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索