トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

監禁・殺人疑い、滋賀県警が5人逮捕 知人の31歳に暴行

 知人男性に暴行を加え、民家などに6日間監禁して食事を与えず死なせたとして、滋賀県警は7日、監禁と殺人の疑いで、堺市堺区甲斐町東2、無職萩原真一容疑者(39)ら5人を再逮捕した。県警は近江八幡署に捜査本部を設置し、5人と男性との関係やトラブルの経緯などを調べている。

 他に再逮捕されたのは、同所、飲食店従業員井坪政(29)、同所、無職宮崎佑佳(24)、大阪市住之江区新北島4、無職亀井徳嗣(21)、堺市堺区楠町1、無職飯星飛香(29)の4容疑者。

 逮捕容疑では、5人は共謀して8月12日から15日まで、知人で堺市堺区、無職渡辺彰宏さん(31)を、飯星容疑者の自宅で暴行した上で監禁。15日から17日まで、萩原容疑者が所有する滋賀県近江八幡市内の家に渡辺さんを連れて行き監禁を続け、食事を与えなかったりして衰弱させて死なせたとされる。県警は全員の認否を明らかにしていない。

 県警によると、渡辺さんは搬送された同県内の病院で死亡が確認され、病院から県警に通報があった。司法解剖の結果、渡辺さんの死因は細菌性肺炎だった。

 県警は11月半ば、萩原、井坪、宮崎の3容疑者を渡辺さんにけがを負わせたとして傷害の疑いで、亀井容疑者を別の暴行容疑で、飯星容疑者を別の監禁容疑でそれぞれ逮捕していた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索