トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

殺意認め求刑通り懲役8年 岐阜・海津の暴走

 岐阜県海津市で昨年6月、登校中の児童の列に乗用車で突っ込み、9人に軽傷を負わせたとして、殺人未遂罪に問われた同市海津町平原、無職鷲見晴美被告(69)の裁判員裁判の判決公判で、岐阜地裁は14日、求刑通り懲役8年を言い渡した。

 鈴木芳胤裁判長は、争点となった殺意の有無について、被告がノートやメモに児童の殺害をほのめかす内容を書いていたことや、衝突前に時速40キロを出していたことを挙げ「殺意は認められる」と指摘。「一歩間違えれば死者を出す悪質な行為で、被害者に与えた恐怖も大きい」と述べた。

 弁護側が、被告は当時、精神障害や精神安定剤の大量服用により判断能力が低下していたと主張した点については「完全責任能力を有していた」と認定した。

 判決によると、被告は昨年6月30日午前7時半ごろ、海津市海津町馬目の市道で、児童らの背後から車で突っ込み、9人に軽傷を負わせた。

 (中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索