トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

国立大、マーク式と民間検定必須 入学共通テストの英語

 国立大学協会は10日、広島市で総会を開き、2020年度から現行の大学入試センター試験の後継として導入する「大学入学共通テスト」の英語に関し、23年度までマークシート式と英検など民間検定試験の両方を国立大全82校の受験生に課すことなどを柱とする基本方針を了承した。

 文部科学省が今年7月公表した共通テスト実施方針によると、英語では「読む、聞く、話す、書く」の4技能を評価するため、民間検定試験を導入。20〜23年度はセンターが作成するマーク式も併存させ、24年度からは民間検定試験に全面移行する予定だ。

(共同)

 2020年度から導入される「大学入学共通テスト」に関する基本方針を了承した国立大学協会の総会=10日午後、広島市

 2020年度から導入される「大学入学共通テスト」に関する基本方針を了承した国立大学協会の総会=10日午後、広島市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索