トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

食べてほしい深海魚1位は「メヒカリ」 蒲郡”総選挙”

 愛知県蒲郡市民が市外の人に食べてもらいたい魚を決める「どうめーさかな総選挙・深海編」の結果が7日発表され、メヒカリが1位になった。観光関係者は、投票結果をもとに「蒲郡の深海魚」を積極的に発信していきたい考えだ。

 深海魚を取る沖合底引き漁船は県内に4隻しかなく、いずれも蒲郡市の漁協に所属している。そこで「蒲郡に行けば食べられる名物」として深海魚を売り出そうと、若手の旅館経営者らでつくる「若旦那’S(わかだんなーず)」が中心になって人気投票を企画した。

 市内の複数箇所に投票用紙を置き、8〜9月に実施。深海で取れる12種類の魚やエビ、カニ類の中から、1人5種類を選んでもらう形式で、市民1675人が投票した。

 1位のメヒカリは、蒲郡では唐揚げでおなじみ。大きな体が特徴のタカアシガニ、煮付けなどが人気のキンメダイ、地元では団子汁にもするニギスが続いた。上位7位は、アイドルグループの人気投票で上位7人を「神7(かみセブン)」と呼ぶのにあやかって「網7(あみセブン)」と名付けた。

 今後、各旅館でこれらの食材を使ったメニューを考案するなどしてPRに努める。若旦那’Sメンバーで、三谷温泉「松風園」の石川智広社長(49)は「深海魚の食べ比べも取り入れたい」と話していた。

(中日新聞)

写真

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索