トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東海4県所得額、5年ぶりに減少 16年度法人税

 名古屋国税局は7日、管内4県(愛知、岐阜、三重、静岡)の2016年度分の法人税申告結果を発表した。08年のリーマン・ショックの影響から回復後、増加傾向にあった申告所得額は6兆5086億円(前年比8・0%減)と5年ぶりに減少に転じた。申告税額も1兆941億円と前年から11・1%減った。

 一方、黒字申告の割合は32・7%(前年比1・4ポイント増)で6年連続で上昇。同時期の管内の法人税収は愛知県内での減少が顕著で、熊本地震で自動車産業の生産に影響が出たことが要因とみられる。

 今年6月までの1年間の税務調査で指摘した申告漏れの総額は952億円と、前年から38・6%増加した。このうち、海外取引に絡む申告漏れは389億円で2・8倍に増えた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索