トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

サンシャイン水族館で魚が大量死 酸欠が原因か

 東京・池袋のサンシャイン水族館は8日、展示の目玉になっている大型水槽「サンシャインラグーン」でトビエイ類やタカサゴ類など魚類24種類1235匹が死んだと発表した。この水槽で飼育中の生物の94%に当たり、酸欠が原因とみられる。9日も通常通り営業する。

 水族館によると、水槽の中で生き延びていたのはトラフザメやヒョウモンオトメエイなど26種類73匹だけだった。

 7日午前、一部の生き物の治療として薬品を投入。効果を高めるため、細かい空気の泡を使って水槽内のごみやフンを取り除く装置を止めた。別の装置で酸素は供給し、同日夜まで異常がないか経過も観察していた。

(共同)

 サンシャイン水族館の大型水槽「サンシャインラグーン」。8日、魚が大量に死んでいるのが見つかった=東京・池袋

 サンシャイン水族館の大型水槽「サンシャインラグーン」。8日、魚が大量に死んでいるのが見つかった=東京・池袋

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索