トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

米軍オスプレイ事故率1・7倍に 12年と比べ上昇

 防衛省は8日、米軍輸送機MV22オスプレイの今年9月末時点の一定飛行時間当たりの重大事故発生率が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に配備される前の2012年4月時点と比べると、約1・7倍に上昇したと明らかにした。米政府から事故率の回答があった。沖縄県側の配備撤回を求める声が強まりそうだ。

 小野寺五典防衛相は8日夜のBSフジ番組で、事故率について「沖縄の皆さんをはじめ不安に思う人がいると思う。米側も日本政府もしっかり説明し、理解してもらう」と強調した。

(共同)

 米軍の輸送機MV22オスプレイ=2013年

 米軍の輸送機MV22オスプレイ=2013年

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索