トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東大、次世代カミオカンデへ準備 26年から観測目指す

 宇宙を満たす素粒子ニュートリノの謎の解明を目指す次世代観測装置「ハイパーカミオカンデ」の岐阜県飛騨市への建設に向け、東京大が8日までに研究者の連携組織を発足させた。建設費675億円を想定し、2026年の観測開始が目標。来年度の建設着手を目指して文部科学省に予算化を求めている。

 東大宇宙線研究所の梶田隆章所長は8日、飛騨市での会合で「宇宙の起源の謎に迫ると期待されている。世界の中心となる研究拠点の創設を目指す」と語った。

 ハイパーカミオカンデは、地下650メートルに掘った巨大な円筒形の水槽を19万トンの水で満たす構造。

(共同)

 2026年の観測開始を目指す「ハイパーカミオカンデ」の完成予想図(ハイパーカミオカンデ研究グループ提供)

 2026年の観測開始を目指す「ハイパーカミオカンデ」の完成予想図(ハイパーカミオカンデ研究グループ提供)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索