トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

横綱の鶴竜関、4場所連続休場へ 進退は先送り、腰痛併発か

 大相撲の西横綱鶴竜関(32)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、井筒部屋=が8日、九州場所(12日初日・福岡国際センター)を休場することが決まった。師匠の井筒親方(元関脇逆鉾)によると、7月の名古屋場所で負った右足首痛に加え、数日前から腰痛を併発しているという。休場は先場所の全休を含み4場所連続で、今年は5度目となる。

 鶴竜関は次に出場した場所で進退を懸けるとされていたが、今場所の全休は確実。来年1月の初場所以降に先送りとなった。4横綱は2場所連続で初日からそろい踏みとならず、全員の皆勤は5場所目の今場所も実現しなかった。

(共同)

 横綱鶴竜関

 横綱鶴竜関

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索