トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

シンドラー社と遺族和解へ エレベーター事故訴訟

 東京都港区のマンションで2006年、住人の男子高校生=当時(16)=がシンドラーエレベータ社製のエレベーターに挟まれて死亡した事故を巡り、遺族が同社などに損害賠償を求めた訴訟は近く、東京地裁で和解が成立することが7日、裁判関係者への取材で分かった。

 遺族は08年、安全確保を怠ったとして、シンドラー社や建物を所有する港区などに2億5千万円の賠償を求め提訴。東京地裁が今年9月に和解を勧告していた。

 7日に和解協議があり、終了後にシンドラー社の代理人弁護士が「事故の法的責任はないが、人道的見地から和解することにした」と話した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索