トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東名高速の本線に停車、服捨てる 容疑者逮捕

 6日午前3時40分ごろ、愛知県岡崎市舞木町の東名高速道路上り線で、本線上に車が止まっているのを通行人が見つけ、110番した。県警高速隊が駆けつけたところ、軽乗用車の中にいた40代の男が、車内にあった衣服やハンガーなどを道路上に投げ捨てていたことから、道交法違反(禁止行為)の疑いで現行犯逮捕した。

 県警高速隊によると、車内には男1人がおり、自ら運転してきたとみられる。高速隊の到着時、車は片側2車線の真ん中付近に、進行方向とは逆向きに止まっていた。飲酒や薬物の影響はないといい、経緯を調べる。

 この影響で、岡崎インターチェンジ(IC)−音羽蒲郡IC間が午前4時20分から約50分間、通行止めになった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索