トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

日銀総裁「強力な金融緩和進める」 名古屋で講演

 日銀の黒田東彦総裁は6日、名古屋市内で開いた中部経済界との懇談会で講演した。「物価は景気の改善度合いに比べて弱めだが、企業の賃金・価格設定スタンスは次第に積極化していく」との見通しを示し、デフレ脱却に向けて「強力な金融緩和を粘り強く進めていく」と強調した。

 黒田総裁は「物価安定の目標」と掲げる物価上昇率2%の達成に向けて、多くの企業でこれまで人件費の上昇を合理化で吸収してきたと分析。今後は「吸収しきれなくなってきた賃金コストの上昇分を価格転嫁する動きが拡大し、消費者側も値上げに対する許容度が増している」などと値上げなどの動きが積極化し、物価の上昇率は高まるとの見方を示した。

 今後の経済の見通しについては、世界経済が先進国と新興国とも改善を続け、日本経済も内需と外需がバランス良く景気をけん引していることなどを指摘し、「景気回復の足取りは一段としっかりし、回復の持続性は高まっている」と述べた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索