トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

座間事件、ネットで切断方法検索 27歳容疑者が供述

 神奈川県座間市のアパートから9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)が「インターネットで遺体の切断方法を調べた」と供述していることが6日、捜査関係者への取材で分かった。

 「1人目を殺害前に道具を用意した」と話していることも判明。現場の室内では刃物やロープなどが見つかっており、警視庁高尾署捜査本部は白石容疑者が計画的に事件の準備を進めていたとみて、裏付けを進める。

 捜査本部は6日、DNA型鑑定などの結果、遺体の1人を東京都八王子市の田村愛子さん(23)と発表。残る8人はDNA型鑑定などで身元確認を急いでいる。

(共同)

 9人の切断遺体が見つかる事件があったアパート=6日午後、神奈川県座間市

 9人の切断遺体が見つかる事件があったアパート=6日午後、神奈川県座間市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索