トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

アフガン戦争犯罪の捜査申請 国際刑事裁検察官、米兵ら対象

 【ブリュッセル共同】国際刑事裁判所(ICC、オランダ・ハーグ)のベンスダ主任検察官は3日、アフガニスタンで戦争犯罪が行われた疑いが強いとして、正式捜査の許可をICC予審判事に求めると発表した。捜査対象は米軍兵士や米中央情報局(CIA)要員とみられており「最も複雑で政治的議論を呼ぶ捜査」(欧州メディア)になりそうだ。

 ベンスダ氏は昨年11月、米軍とCIAの要員が拘束した人々への尋問などを基に、2003年以来「拷問などの戦争犯罪」が行われた疑いがあるとの報告書を発表。3日に「戦争犯罪と人道に対する罪の存在を信じるに足る十分な根拠がある」と声明を発表した。

 国際刑事裁判所(ICC)のベンスダ主任検察官=2015年、ハーグ(AP=共同)

 国際刑事裁判所(ICC)のベンスダ主任検察官=2015年、ハーグ(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索