トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

左党待望の「べっこう色」 尾鷲でカラスミ作り

 三重県尾鷲市で高級珍味のカラスミ作りが最盛期を迎えている。秋晴れの青空が広がる中、同市の鮮魚店「はし佐商店」の屋上では従業員らが天日干しの作業を進め、鮮やかに色づいたカラスミが並んだ。

 カラスミは塩漬けしたボラの卵巣を乾燥させて作る。晴れた日の日中、2時間おきに表裏を入れ替える作業を2、3週間続けると、光沢のあるべっ甲色に輝く。もちもちした食感と濃厚なうま味が左党に人気だという。

 同店の橋本功子さんは「尾鷲のカラスミは脂の乗りが売り。台風の影響で作業は例年より1カ月遅れだけど、今月末までには出荷できそう」と話した。価格は1腹5千円から。贈答用に全国へ出荷するほか、店頭販売もする。

(中日新聞)

天日干しされ、べっこう色に輝くカラスミ=三重県尾鷲市で(大橋脩人撮影)

天日干しされ、べっこう色に輝くカラスミ=三重県尾鷲市で(大橋脩人撮影)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索