トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

後続車にいいがかりつけ恐喝 豊明の組員ら2人逮捕

 あおり運転したといいがかりをつけ金を脅し取ろうとしたとして、愛知県警愛知署は2日、恐喝の疑いで、同県豊明市新田町、指定暴力団神戸山口組系組員宮下誠史(51)と、同県豊田市志賀町、無職加藤孝之(54)の両容疑者を逮捕した。

 逮捕容疑では、8月24日午後8時ごろ、豊明市内の県道で、宮下容疑者は運転していた軽乗用車の急ブレーキを踏んで、後方を走っていた同県弥富市の会社員男性(35)の車を無理やり停止させ、助手席に乗っていた加藤容疑者とともに「ぶつけてんじゃねえぞ。おまえあおってきただろう。どうするんだ」などと言い、金を脅し取ろうとしたとされる。

 署によると、2人は容疑を否認している。2台に衝突の事実はなかった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索