トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

海津の車突入、懲役8年求刑 岐阜地裁公判

 岐阜県海津市で昨年6月、登校中の児童の列に乗用車で突っ込み、9人に軽傷を負わせたとして、殺人未遂罪に問われた同市海津町平原、無職鷲見(すみ)晴美被告(69)の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、岐阜地裁であった。検察側が懲役8年を求刑し、結審した。判決は14日。

 争点となった殺意の有無について、検察側は「車を人に衝突させるという選択をしただけで、殺意があったと言える。子供を狙うという犯行が正当化されることはない」と述べた。

 弁護側は最終弁論で「殺意はなく、傷害の故意にとどまる」と主張し、「懲役刑よりも(精神障害の)治療を優先させるべきだ」と執行猶予付き判決を求めた。最終意見陳述で被告は「被害者に心より深くおわび申し上げます」と述べた。

 起訴状によると、昨年6月30日朝、海津市海津町馬目の市道で、登校中の児童らを後ろから時速約40キロの車ではねたとされる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索