トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

座間、アカウントは「首吊り士」 9月開設、携帯電話を解析

 神奈川県座間市のアパートで9人の切断遺体が見つかった事件で、死体遺棄容疑で逮捕された無職白石隆浩容疑者(27)は、ツイッターで自殺志願者と連絡を取る際に利用していた複数のアカウントの一つを「首吊り士」と説明していることが2日、捜査関係者への取材で分かった。

 白石容疑者は、ツイッターに自殺願望をほのめかすような投稿をした女性らに「一緒に死のう」などと返信しており、警視庁高尾署捜査本部は携帯電話などを解析し、ツイッターでやりとりしていた相手を自宅に招き入れ、殺害を繰り返していたとみて調べている。

 「首吊り士」は9月に開設した。

(共同)

 9人の切断遺体が見つかった現場のアパート付近を調べる捜査員=1日午後、神奈川県座間市

 9人の切断遺体が見つかった現場のアパート付近を調べる捜査員=1日午後、神奈川県座間市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索