トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

あいち航空ミュージアムでゼロ戦展示へ 30日開館

 愛知県は、30日に県営名古屋空港(愛知県豊山町)に開業する「あいち航空ミュージアム」に、旧三菱重工業が大江工場(名古屋市港区)で開発、製造した零式艦上戦闘機(ゼロ戦)を展示することを決めた。

 戦闘機の展示には賛否両論が巻き起こる可能性はあるが、大村秀章知事は、わが国の航空機産業を語るうえで、当時最先端の性能、世界的な知名度を誇るゼロ戦を、負の歴史とともに紹介することは意義があると判断した。

 ゼロ戦は、5月に休館した三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室(豊山町)に展示されていた機体を借り受ける。終戦間際に大江工場で生産された「52型甲」で、1983年に南太平洋のヤップ島(ミクロネシア連邦)で発見され、三菱重工が2年かけて復元した。3日に搬入される予定。

 関係者によると、展示には、軽量化に貢献した新素材「超々ジュラルミン」や空気抵抗を減らすため主翼の表面に打ち込んだ「沈頭鋲(ちんとうびょう)」「引き込み脚」など、革新的な技術をパネルで紹介する。併せて、日中戦争(1937〜45年)から始まる歴史、設計者・堀越二郎(1903〜82年)が特攻隊を嘆く手記、平和への願いをつづった一文などを展示する。

 県はミュージアムを航空関連の産業観光の拠点と位置付ける。ほかに、いずれも愛知県内で開発された戦後初の国産旅客機「YS11」やビジネス機「MU2」「MU300」、純国産のヘリコプター「MH2000」、名古屋市立工業高の生徒らによる「名市工フライヤー」を実機展示する。

 三菱重工は同じ30日に、小型ジェット旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」の製造過程などが見学できる「MRJミュージアム」を隣接してオープンする。

 <零式艦上戦闘機(ゼロ戦)> 第2次世界大戦期の日本海軍の主力機。徹底した軽量化が実現した運動性能、航続距離の長さが特徴。初飛行は1939(昭和14)年。終戦までに1万機余が生産された。日中戦争や太平洋戦争初期は圧倒的な優勢を誇ったが、研究され、徐々に優位性は奪われた。戦争末期、乗組員ごと体当たりする「神風特攻隊」に使われた。開発に没頭する堀越二郎をモデルに、宮崎駿監督はアニメ映画「風立ちぬ」を製作した。

(中日新聞)

あいち航空ミュージアムに展示されるゼロ戦=愛知県豊山町の三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室で

あいち航空ミュージアムに展示されるゼロ戦=愛知県豊山町の三菱重工業名古屋航空宇宙システム製作所史料室で

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索