トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

他人のiPS移植5例を実施 世界初、理研が目の病気で

 理化学研究所などのチームは1日、他人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作った網膜の細胞を、重い目の病気の患者に移植する世界初の臨床研究について、これまでに目標の5例の移植手術をしたと明らかにした。

 チームは3月、兵庫県在住の男性に対し1例目を実施したが、いずれの症例も約1年間の経過観察中で、患者や経過に関しては公表できないとしている。今後の患者募集は終了した。

 移植を受けたのは、いずれも網膜に障害が起き、失明することもある「滲出型加齢黄斑変性」の患者。理研の高橋政代プロジェクトリーダーらが、神戸市立医療センター中央市民病院と大阪大病院で行った。

(共同)

 他人のiPS細胞から作った網膜の細胞を移植する手術=3月、神戸市立医療センター中央市民病院(同病院提供)

 他人のiPS細胞から作った網膜の細胞を移植する手術=3月、神戸市立医療センター中央市民病院(同病院提供)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索