トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

新東名の最高速度110キロに 1年間試行、安全性検証

 新東名高速道路の新静岡インターチェンジ(IC)―森掛川IC(約50キロ)の上下線で1日、最高速度が現行の時速100キロから110キロに試験的に引き上げられた。高速道路の最高速度引き上げを巡る国の議論を受けた措置で、1年間試行を続け安全性を検証する。

 最高速度の100キロ超への引き上げは、国内最初の高速道路である名神高速が開通した1963年以降初めて。

 静岡県警高速隊の新静岡分駐隊駐車場(静岡市葵区)では、高速隊による交通指導取り締まりの出発式を開催。

 悪天候や事故が起きた場合は、状況に応じて速度制限を行う。大型トラックは現行の最高速度80キロに据え置く。

(共同)

 新東名高速道路の新静岡IC―森掛川IC間で、最高速度110キロと表示された標識=1日午前、静岡県島田市

 新東名高速道路の新静岡IC―森掛川IC間で、最高速度110キロと表示された標識=1日午前、静岡県島田市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索