トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

民進新代表に大塚氏 特別国会控え執行部構築急ぐ

 民進党は31日の両院議員総会で、前原誠司氏の後任となる新たな代表に大塚耕平参院議員を選出した。任期は来年9月末まで。党は11月1日召集の特別国会を控え、執行部人事など体制構築を急ぐ。大塚氏は「党勢拡大を実現するため、代表として粉骨砕身する」と述べた。前原氏が主導した希望の党への合流の失敗を踏まえ、低迷が続く党の立て直しに取り組む。

 大塚氏は選出後のあいさつで、2019年の統一地方選と参院選に触れ「地方組織の在り方も含め、早急に具体的な対策を始める」と語った。

(共同)

 民進党の両院議員総会で代表に選出され、あいさつする大塚耕平氏=31日午後、東京・永田町の党本部

 民進党の両院議員総会で代表に選出され、あいさつする大塚耕平氏=31日午後、東京・永田町の党本部

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索