トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

話題のニュース

東京、大阪で木枯らし1号 冬型の気圧配置強まる

 日本列島は30日、台風22号から変わった温帯低気圧の影響で西高東低の冬型の気圧配置が強まり、北日本を中心に強風となった。気象庁は東京都心や、大阪など近畿地方で同日午前、冬の訪れを告げる「木枯らし1号」が吹いたと発表した。昨年と比べ、東京は10日早く、近畿は1日遅い。

 気象庁によると、温帯低気圧は30日朝、北海道の東の海上に進んだ。西の大陸側との気圧の差が大きくなり、西寄りの強風が吹きやすくなった。都心では、午前5時半に瞬間風速16・6メートルの北西風を観測、近畿各地でも10メートル以上の北寄りの風が吹いた。

(共同)

 「木枯らし1号」が吹いた大阪市内を歩く人たち=30日午後

 「木枯らし1号」が吹いた大阪市内を歩く人たち=30日午後

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索