トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

新番付、21歳阿武咲が新小結 日馬富は6場所ぶり東正位

 日本相撲協会は30日、一年納めの大相撲九州場所(11月12日初日・福岡国際センター)の新番付を発表し、新入幕から3場所連続2桁勝利の阿武咲が新小結となって西に就いた。21歳3カ月での新三役は、平成以降初土俵では6位の若さ。

 先場所を11勝4敗で制し、2場所連続10度目の優勝を目指す横綱日馬富士は6場所ぶりに東の正位に座った。先場所をそろって全休した他の3横綱は、前人未到の40度目の優勝を目指す白鵬が西、ともに3場所連続休場中の稀勢の里と鶴竜は東西の2番目となった。

 大関陣は先場所で優勝決定戦に敗れた豪栄道が東。先場所途中休場の高安は西に回った。

(共同)

 新小結となった阿武咲

 新小結となった阿武咲

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索