トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

伊勢神宮の御用材ヒノキの「斧入式」 上松の国有林

 伊勢神宮(三重県伊勢市)の社殿を20年ごとに造り替え、ご神体を移す2033年の式年遷宮に向け、御用材として使われるヒノキを最初に伐採する「斧入式」が28日、長野県上松町の小川入国有林で営まれた。

 御用材は、同県木曽地域や岐阜県中津川市の国有林、伊勢神宮の神宮林から切り出されたヒノキが使われ、計8500立方メートル、本数にすると約1万3千本にもなるという。

 小川入国有林では高さ28メートル、直径58センチで樹齢約300年の天然ヒノキが伐採された。3方向からおのを打ち込む「三ツ紐伐り」と呼ばれる木曽地域に伝わる伝統的な方法で行われ、白装束に身を包んだ保存会の6人が伐採した。

 岐阜県中津川市の加子母裏木曽国有林でも30日に斧入式が営まれる。

(中日新聞)

保存会の会員の手で伐採されるヒノキ=28日、長野県上松町の小川入国有林で

保存会の会員の手で伐採されるヒノキ=28日、長野県上松町の小川入国有林で

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索