トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

台風22号、大雨や強風に警戒を 気象庁呼び掛け

 台風22号は28日、沖縄本島の北部を通過し、その後も北上を続けた。沖縄や奄美が暴風域に入り、今後は進路を北東寄りに変えながら移動。29日にかけて西日本から東日本の広い範囲で大雨や強風の恐れがあり、気象庁が土砂災害や河川の氾濫、浸水などの被害に警戒を呼び掛けた。海上も大しけになる。

 気象庁によると、台風22号は勢力をほぼ維持したまま次第に速度を上げ、29日午後には四国から近畿の南へ進む。西日本から東日本の太平洋側では、傘が役に立たないような1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨になる可能性がある。30日午前には東北の東で温帯低気圧に変わる見込み。

(共同)

 台風22号の予想進路(28日21時現在)

 台風22号の予想進路(28日21時現在)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索