トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

自宅に母親の遺体、遺棄容疑で男逮捕 豊橋、外傷なし

 愛知県豊橋市の自宅に母親の遺体を放置したとして、豊橋署は27日、死体遺棄の疑いで、同市牟呂町東里、自称無職牧野章吾容疑者(64)を逮捕した。

 逮捕容疑では、10月中旬ごろ、自宅で2人暮らしをしている母みち子さん(85)が死亡しているのを見つけたのに、放置したとされる。署によると「どうしたらいいか分からなかった」と、容疑を認めている。

 26日午後4時20分ごろ、区画整理の話し合いのため牧野さん方を訪れた市職員が「(章吾容疑者とみられる)住人男性が、おばあさんは2週間ほど前に死亡したと言っている」と署に通報。駆け付けた署員が、居間のこたつに下半身を入れて横たわった状態の遺体を確認した。傷みが進んでおり、現段階で目立った外傷は確認されていないという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索