トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

スバル株が下落、終値2・6%安 無資格検査の問題が響く

 27日の東京株式市場で、新車の無資格検査の問題が明らかになったSUBARU(スバル)の株価が下落した。終値は106円(2・6%)安の3969円。ブランドイメージの低下などによる業績への影響が懸念された。

 株価は取引終了まで前日終値を下回って推移し、一時は3・3%安の3939円を付けた。

 同様に無資格検査を行っていた日産自動車や製品の性能データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼所も、発覚後に株式が大きく売られる場面があった。大手証券関係者は「業績予想の上方修正で買われる銘柄が多い中、不祥事を起こした企業の株価低迷が際立つ」と話した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索