トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

サーローさん授賞式で演説 ノーベル平和賞、被爆者で初

 【ジュネーブ共同】ノーベル平和賞に決まった非政府組織(NGO)「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)は26日、ノルウェー・オスロで12月10日に開かれる授賞式にカナダ在住の被爆者サーロー節子さん(85)と、日本国内在住の被爆者2人の計3人が出席すると発表した。サーローさんはICANのフィン事務局長と共に演説し、記念メダルと賞状を受け取る予定。被爆者がノーベル平和賞の授賞式で演説するのは初めてとみられる。

 サーローさんは13歳の時に広島で被爆。自身の体験を英語で語る活動を続けている。

 サーロー節子さん

 サーロー節子さん

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索