トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

ノーベル平和賞授賞式に被爆者3人出席へ ICAN運営委

 ノーベル平和賞に決まったNGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の川崎哲国際運営委員が26日、広島市で記者会見し、12月10日にオスロで開かれる平和賞授賞式に広島と長崎の被爆者3人が出席すると明らかにした。

 川崎氏によると、出席するのは日本在住の2人と海外在住の1人。ICANの国際運営委員メンバーら数十人と共に授賞式に出る。

 ICANは平和や軍縮、人権などの問題に取り組む100カ国超の約470団体からなる連合体組織。川崎氏が共同代表を務める日本のNGOピースボートも参加しており、川崎氏はICANで中核的な存在の一人。

(共同)

 記者会見するICAN国際運営委員の川崎哲氏=26日午前、広島市

 記者会見するICAN国際運営委員の川崎哲氏=26日午前、広島市

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索