トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

警視庁女性職員、誘拐を自作自演 名古屋に帰省中

 警視庁の20代の女性警察職員が、実家のある名古屋市に帰省中、誘拐されたと装ったうその連絡を家族に入れ、愛知県警が一時、誘拐事件として捜査する騒ぎになっていたことが分かった。家族とのトラブルからうそをついたといい、県警は偽計業務妨害の疑いで近く書類送検する。

 捜査関係者によると、警察職員は9月20日、休暇で名古屋市の実家に帰省した際、家族とトラブルになり、そのまま外出。しばらくして、スマートフォンの無料通信アプリLINE(ライン)を使い、誘拐犯を装って身代金5千万円を要求する虚偽のメッセージを家族に送信したという。

 父親が110番し、通報を受けた県警が身代金目的の誘拐事件の可能性があるとみて、約90人態勢で名古屋市の繁華街などを捜索した。職員は6時間後に実家に帰宅し、誘拐は虚偽だったと判明した。

 県警の調べに、職員は自作自演だったことを認め「家族と口論になりやってしまった」などと話しているという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索