トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

タイ前国王死去1年、国民黙とう バンコクでは追悼行事

 【バンコク共同】タイのプミポン前国王が死去して1年となった13日、首都バンコクでは終日、さまざまな追悼行事が開催された。前国王が死去した午後3時52分には、全土で国民が黙とう。敬愛する「国父」の死を悼んだ。25日から29日まで葬儀が営まれ、前国王は26日に火葬される。

 公休日となった13日早朝、199人の僧侶が海軍施設から前国王が息を引き取ったシリラート病院までの約1キロの道を歩く追悼行事が始まり、黒服に身を包んだ沿道の市民らが僧侶に食べ物などを施した。

 プミポン前国王は1782年に成立したチャクリ王朝の9代目君主で、ラマ9世とも呼ばれた。

 13日、バンコクにあるシリラート病院でプミポン前国王を追悼する人たち(共同)

 13日、バンコクにあるシリラート病院でプミポン前国王を追悼する人たち(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索