トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

日欧がEPAで首席会合 最終合意へ懸案協議

 日本と欧州連合(EU)は13日、経済連携協定(EPA)の首席交渉官会合を東京都内で開いた。首席会合は7月の大枠合意後初めて。積み残されていた投資分野の項目を協議し、協定の条文作成の進捗を確認。懸案を前進させ、目標とする年内の最終合意を目指す。

 日本の鈴木庸一首席交渉官とEUのペトリチオーネ首席交渉官が外務省内で会談。鈴木氏は「いくつかの問題は(合意が)簡単ではないと思っている。より複雑な問題について協議しよう」と呼び掛け、ペトリチオーネ氏は「体系的に議論しよう」と応じた。

(共同)

 EPA首席交渉官会合に臨む日本の鈴木庸一氏(左端)とEUのペトリチオーネ氏(右端)ら=13日午前、外務省

 EPA首席交渉官会合に臨む日本の鈴木庸一氏(左端)とEUのペトリチオーネ氏(右端)ら=13日午前、外務省

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索