トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

川崎通り魔、否認の事件も認める 逮捕の男

 川崎市宮前区のトンネルで2006年9月、帰宅途中の黒沼由理さん=当時(27)=が刺殺された事件で、殺人の疑いで逮捕された鈴木洋一容疑者(37)が服役中の神奈川県警の任意聴取に対し、公判時に否認したまま有罪が確定した別の通り魔事件を認める供述をしたことが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 鈴木容疑者は07年4月、40歳だった女性が刃物で刺された約1時間後、「犯人を止めようとして手にけがをした。男を追い掛けたが見失った」と宮前署に申し出た。不自然な内容だったことなどから殺人未遂容疑で逮捕された。公判で起訴内容を否認したが、09年に懲役10年が確定した。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索