トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

「過労などで息子が自殺」 両親、信州名鉄運輸を提訴

 2015年2月に自殺した信州名鉄運輸(長野県松本市)の元社員の男性=当時(28)=の原因は長時間労働による過労やパワハラだったとして、この男性の両親が4日、同社に慰謝料など7784万円の損害賠償を求める訴訟を長野地裁に起こした。

 訴状などによると、男性は同社の長野支店(長野市)に異動した13年以降、トラックの配車を担当しながら時間外の配送も担っていた。地元の労基署が調べたところ、14年4月から自殺する前月の15年1月までの時間外労働が少なくとも月100〜175時間に上り、「過労死ライン」とされる80時間を超えていたという。2週間以上連続で勤務した時期もあり、労基署は今年2月、過労自殺の労災認定をした。

 上司からも「バカヤロー」などと日常的に罵声や叱責を浴び、暴行も受けたとされる。男性は自殺した当日、別居している母親に「何のために生きているかわかりません。つらい…もう限界です」とメールを送っていた。

 4日に長野市内で会見した父親(61)は「国を挙げて働き方改革に取り組んでいるが、十分ではない。裁判の場で違法であったと認めてもらい、息子のような悲劇を防ぎたい」と話した。

 信州名鉄運輸は名古屋鉄道(名古屋市)のグループ会社。担当者は取材に「訴状が届き次第、内容を見て対応を考える」と話した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索