トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

衆院選、亀井静香氏が不出馬意向 政界引退の見通し

 亀井静香元金融担当相(80)が衆院選に出馬しない意向を固めたことが4日、関係者への取材で分かった。広島6区からの立候補が見込まれていた。5日に地元の広島県尾道市で記者会見を開き、正式に表明する。政界を引退する見通し。

 亀井氏は同県庄原市の出身で、警察庁を経て1979年に自民党から出馬し初当選。運輸相や建設相を歴任し、98年に三塚派を離脱、翌年には旧渡辺派と合流し、2003年に亀井派となった。小渕、森両政権下で政調会長を務めた。

 12年の衆院選では日本未来の党から立候補し当選。14年の衆院選では無所属で出馬し、13回目の当選を果たした。

(共同)

 亀井静香元金融相

 亀井静香元金融相

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索