トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

タンパク質解析にノーベル化学賞 欧米の研究者3人に

 【ストックホルム共同】スウェーデン王立科学アカデミーは4日、2017年のノーベル化学賞を、タンパク質解析の新手法を開発したスイス・ローザンヌ大のジャック・デュボシェ名誉教授(75)、米コロンビア大のヨアヒム・フランク教授(77)、英国の分子生物学研究所のリチャード・ヘンダーソン博士(72)の3氏に授与すると発表した。

 3氏は「クライオ電子顕微鏡」と呼ばれる手法を開発。これによってウイルスなどの病原体が細胞に感染する仕組みや、体内で抗がん剤が働く様子が詳しく分かるようになった。生命科学研究や医薬品開発に大きく貢献したと評価された。

 ノーベル化学賞の発表会場に映し出された(左から)ジャック・デュボシェ氏、ヨアヒム・フランク氏、リチャード・ヘンダーソン氏=4日、ストックホルム(AP=共同)

 ノーベル化学賞の発表会場に映し出された(左から)ジャック・デュボシェ氏、ヨアヒム・フランク氏、リチャード・ヘンダーソン氏=4日、ストックホルム(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山

Search | 検索